メロクリの気ままダイアリー

鉄道・バス・ミリタリーなどが趣味の中3です。プラモデルも作ります。

Nikon Dfを半年使ってみてわかったこと。

お久しぶりです、メロクリです。もう3ヶ月近く前に更新したっきりでしたので、今年初めての投稿になります。

Nikon Dfというカメラに出会って、半年が経ちました。ここでは、使ってきた経験を元に使ってみてわかったことを整理していきたいと思います。

利点1 圧倒的な高感度性能と広いダイナミックレンジ

やっぱり、Dfの醍醐味はD4と同じセンサーを使用した、思った通りの色が出せるカメラのように感じます。これはD3300との大きな違いの一つでもあります。まあエントリーモデルとフルサイズ高級モデルを比べるのも野暮ですけどね。

ソニーのα7S系列に非常に似た印象を受けるカメラです。

f:id:meloncreamer:20180217191855j:plain

(Nikon Df + AF-S DX 55-200mm ED VRII, 1/25sec, f/5.6, ISO12800)

この写真は常用ISO限界の12800で撮影したものです。DXレンズで撮影しのですが、案外近くで見ないとカラーノイズも目立たない印象です。若干ピントがあっていないのはご容赦ください(

夜間撮影の際に、ノイズの心配をしなくてもよくなったのは非常に楽ですね。

利点2 ダイヤル操作

Dfは撮影するだけではなく、撮影する過程を楽しめるカメラでもあるというのが大きな違いのようにも感じられます。

ISO、SS、露出補正のそれぞれにダイヤルが与えられ、独立した操作が楽しめます。もともとスイッチやボタンをいじるのが好きなので、この動作は嫌いではありませんが、煩わしいと感じる人にとっては煩わしいかも。

利点3 コンパクト

フルサイズは重くて大きい、というイメージを払拭してくれました。Dfはボディのみで765gと非常に軽く、軽いレンズばかり使っているとはいえD3300と同じ感覚で使用できるのは非常に大きいです。

町中をスナップしながら歩いても、首が疲れるということはあまりありません。

利点4 丸窓

Dfのアイピースは、D610やD750のような角型ではなく、D850やD5と同等な丸型を採用しています。そのおかげといってはなんですが、非常にファインダーを見てても疲れることはありません。また、一種のステータスとも化しているそうなので、丸窓が欲しい方はDfを選ばれてはいかがでしょうか。ちなみにDfは丸窓搭載機の中ではD500に次いで安価です。

利点5 非Aiレンズが使える

絞り連動レバーが可倒式になったため、非Aiレンズが使えます。オールドレンズ愛好家にとってはこれほどいい利点はないと思われます。

 

ここまで、Dfの利点をあげてまいりましたが、Dfにはいくつか致命的な欠点があります。正直欠点だけを見たら絶対欲しくなくなると思われます。

欠点1 価格に見合わない性能

ハッキリ言って、「このカメラをオススメできるか?」と言われたら、オススメしません。これは断言できます。

センサーの性能は非常に高いですが、それ以外が今ひとつといった印象です。

AF性能に至っては、39点ポイントのモジュールを搭載しています。検出範囲が最少で-1EVD610やD5500と同等です。明らかに価格が見合いません。参考までに、D750は-3EVまで対応しています。なんだこの雲泥の差は。

これくらいの価格を取るならD4と同じAFを搭載してくれてもよかった、というのが率直な意見です。

また、シャッタースピードも最高で1/4000秒までしかありません。ダウングレードされたと散々叩かれたD7500ですら1/8000秒が使えるというのに。この差ってなんなんでしょうね。

更に、5.5コマ/sの低い連写性能。D610と同じです。Dfはもともと動き物を撮るためのカメラではないので、当然といえば当然ですが、この価格で5.5fpsはありえない。

ニコンのフルサイズが欲しければ、Dfなんてイロモノ買ってないで素直にD610かD750買いましょう。

欠点2 貧弱なグリップ

グリップがクッソ貧弱です。ないよりはマシといったレベルで、グリップのみで支えることは非常に大変です。下手したら落とします

これは個人的な意見ですが、F3のグリップのオマージュではないかと推測します。形もそっくりで非常に大きさも似通っています。形は若干違いますが。

欠点3 メモリーカードスロットの数と異常な位置

普通のニコン製カメラは背面右手前にメモリーカードスロットがついていますが、Dfではなんと下部にあります。しかもバッテリー室と共用なので、開けるのが非常に面倒くさいです。三脚つけたままだと開閉できません。

また、メモリーカードスロットも1つです。D610でさえ2つあるのに、なぜDfにはつけなかったのか疑問に苦しみます。

まとめ

素晴らしい写真を撮りたい、といった目的を持たれる皆さんには、このカメラは到底オススメできる代物ではありません。また、Dfじゃなきゃ撮れない写真だってありませんし。

しかし、Dfは撮影する過程を楽しめるカメラ、といったことにおいては他の追随を許さない代物です。ダイヤルをカチャカチャしながら、一つ一つの写真を撮っていく。そういったことが楽しめる方にはピッタリのカメラですが、常時Pモードで撮ってるような方にはD750をオススメします(二回目)

 

以上、使ってるカメラについてのご紹介でした。

では~